ちっちゃな巨人

初回の青写真が販売されてから半世紀限りも過ぎましたが、年齢が変わっても強烈な気質を発揮し続けているモデルがあります。
それが「スモール」だ。
初回スモールは小型かつアダルトが4ユーザー乗れる環境性の良いモデルを目指して開発され、生産屋として初の脇置きエンジンの前輪駆動モデルとなっています。
オースチンやローバーなど様々なクレアトゥールで生まれ、実行フェイズでもモンテカルロ試合を連覇するなど素晴らしい結果を残しました。
こういう強烈な気質を解き放つモデルに目を付けたのがドイツの自動車メーカーBMWだ。
経営難に悩むローバーからスモールのブランドを買いつけ、長期風とも言えるフルモデルチェンジを果たし、実績を引継ぎつつも高級感とおしゃれ感を纏った真新しいクレアトゥールとして生まれ変わりました。
BMWスモールはデザインアイコンにクラシックスモールの背景を記しつつも、BMWらしき高級感と新しい手法を積極的に取り入れたちっちゃな上質モデルとなっています。
その極め備え付けはおんなじ英モデルの上質モデルロールスロイスとおんなじ成分のインテリアを取り入れた青写真で専任販売されていました。
その他にも英の地名やクラシックスモールに因んです呼び名の辺り、過去には専任モデルが数多く販売されているのも魅力です。
目下 スモールはその強烈な気質をそのままに3ドアハッチバックの他にも多数の家事を擁するまでになり、以前はファミリー層にとってスモールは眩しいけど買い香ばしいモデルでしたが代替えの幅員もひろがりました。
今後も4ドアステーションワゴンモデルの発言を控えていて、引き取り手を増やしていくスモールから目が離せません。