脱毛料金の低価格化

昔のことを考えると脱毛サロンがとても安くなっているような気がしますね。
ちょっと前まではそれなりに料金がかかるので気軽に通えるものではありませんでした。
なぜ脱毛にかかる料金がここまで安くなったのかと言えば脱毛サロンの登場が大きいのでは
ないかと思います。
それまではクリニックで行ういわゆるレーザー脱毛というのが脱毛の主流だったわけですが
エステサロンがレーザー脱毛とまではいかないまでもフラッシュ脱毛を導入したことで
一気に価格的には誰でも気軽に通うことができるようになったのではないでしょうか?
さすがに今でも全身脱毛をしようと思えば脱毛サロンでもそれなりに費用がかかりますが
パーツの脱毛に限って言えばキャンペーンなどを上手に利用すればかなり安く済みます。
よくクリニックでの脱毛とエステサロンの脱毛を比べて永久脱毛ではないという人もいますが
そういう人に限って永久脱毛の意味をきちんと理解していない人が多かったりします。
ムダ毛が生涯生えてこないことを永久脱毛というわけではありません。
一定の発毛率の減少が施術によって認められていることを永久脱毛というのでいわゆる
永久脱毛をしたからと言って二度と毛が生えないと保証されているわけではないのです。
もちろん効果の出やすさというところには違いがありますが結果でみてしまえば
エステサロンのフラッシュ脱毛もクリニックのレーザー脱毛もそんなに大差はないでしょう。

脱毛サロン選びで意外と重要なこと

脱毛サロンを選ぶ際に料金や脱毛法に目が行ってしまう人が多いと思いますが、
それだけではなく、同じ脱毛サロンでもどこの場所に通うのかが重要だったりします。
つまり、通い始めた時にいかに通いやすいかというのが大事だということですね。
ついつい料金だけで選んでしまった結果家から遠かったり、通うのに不便な場所にある
脱毛サロンを選んでしまうと途中で挫折してしまうケースが多くなります。
というのも一度だけ通うということであれば遠かったり、不便な場所だったとしても
一度だけなので面倒な思いはそんなに感じないのですが脱毛サロンの場合は一度だけでは
施術が完了することはありませんし、全身脱毛の場合は月2回サロンに通わないといけない
月額制のプランなんかもありますので通いやすさがそのまま続けられるかに直結します。
家に近いというのが一番ベストではありますが、少なくとも勤務先から近いとか
通学の通り道とかそういう普段の生活の行動範囲内にあるサロンを選ぶようにしましょう。
どうしても通いたいサロンがあったとしても個人的には通いやすさ重視のほうがいいと思います。
脱毛サロンの数もかなり増えているので首都圏であれば近くにお店がないということは
まずないのではないでしょうか?
キレイモ 全身脱毛

毛深い私の脱毛事情

私は足やワキの毛がとても毛深いです。
そのため定期的に脱毛処理を行っています。
週に一度のペースでムダ毛を剃っています。
そのくらいのペースでやらないと伸びに伸びるのです。
私の行っている脱毛処理法はカミソリとピンセットを使います。
まずカミソリで大まかにムダ毛を剃っていきます。
そしてカミソリで剃りきれない小さい毛をピンセットを使って抜いていきます。
後は保湿化粧水を塗ってカミソリ負けの対策を行うだけです。
シンプルな方法ではあるのですが、背中などの目で確認できない部分の脱毛にはあまり使えない方法で、背中のムダ毛の脱毛をどうやって行うかが脱毛をするうえでの悩みの一つとなっています。
ただ足やワキの毛と違って、背中のムダ毛はそんなに濃くないので、定期的に脱毛を行わなくてもよく、そこまで深く缶上げる必要もないかなと思います。
背中のムダ毛も周一のペースで脱毛しなけrばならないのなら、何か方法を探しますが、そういうわけでもないので、真剣には方法を探してはいないです。
キレイモ 予約

歯医者に行きたい。

歯ってとても大事です。
私、もう1年近く行けてないんですよね。
去年の今頃って派遣で短期間限定で教育ローンの審査の仕事をしていたんですけど、想像以上に忙しくて歯医者に予約しても結局残業して行けなくての繰り返しをしてた時期でした。
そりゃあ、ビックリするぐらい忙しくて、ホントに。
なんか、お客さんにギリギリで申込してきて審査遅いってすごく怒られてた時期です。
妊娠してたということもあって、途中で諦めてそこから歯医者さんに行けてないんですよ。
今は行きたくて仕方ないけど息子くんがまだまだ小さいので、途中で泣かれたらと思って行けてないんですよ。
でも、そろそろ行きたくて堪らないです。
自分でも歯石がたまってるのは分かるし、虫歯も気になって仕方ないんですよね。
痛いところがあるわけではないので、多分大丈夫とは思うんですけど先生に診てもらわないとはっきりは分からないのでホントに行きたくて仕方なんですよね。
やっぱり歯は一生ものだし大事にしないと歳とったとき自分が困るのは嫌なので定期的に行けるのがベストだと思うんですけどね、小さい子供がいるとなかなか難しいですね。
歯が黄色い

ディズニーランドでプロポーズ!

去年、6年付き合っている彼に、ディズニーランドでプロポーズされました!普段はサプライズなどはとっても得意な彼なのですが、その日はなぜか朝からソワソワしていました。
ディズニーアンバサダーホテルに泊まっていたのですが、なぜか朝食の予約時間を間違えていたり、パークに早く入れる時間を間違えていたりと、普段ではありえないようなおっちょこちょいミスが!何か考え事でもあるのかな?と思いつつも、パークで楽しく時間を過ごしていました。
夕方になったころ、彼が予約してくれているということで、マゼランズへ移動しました。
そこで食事したあと、サプライズの豪華なスイーツプレートが出てくると、「結婚しよう」という彼の言葉が。
予想もしていなかったことで、本当にびっくりしましたが、本当に感動してしまいました。
朝からのソワソワも全て納得。
普段はサプライズ上手な彼なのに、「本当に緊張してくれてたんだ」と思うと、逆に嬉しかったです。
この日、大好きなディズニーランドが、二人の一生の思い出の場所になりました!。

水素水を選ぶ時の注意

水素水を選ぶ時に気になるのが水素濃度ではないでしょうか?
よくppmという記号で表されているあれのことですね。
本当かどうかはわかりませんが一応濃いほうがいいみたいなことになっています。
そして注意しなければいけないのが数字よりも記号のほうですね。
ppmが標準となっている感がありますが中にはその一つ下の単位があったりするので
数字だけを目で追っていくと実は単位が違ったということもありますからね。
そしてもう一つ注意しなければいけないのが水素が逃げてしまう可能性です。
炭酸みたいなものなので開封してそのままにしておくと水素が逃げてしまうんですね。
そうなれば残っているのはただの水、もしくは良くても美味しい水になってしまうので
せっかく高いお金をかけて水素水を購入してもまさに水の泡となってしまうわけです。
もちろん開けたらすぐに飲みきるというのも一つの対策にはなるのですが結構売られている
水素水は500mlぐらいのものが多いので一気飲みができるかと言われるとちょっと
難しいと思う人も多いと思います。
最近では飲みきりみたいな感じで300mlぐらいのものもありますが、そうだったとしても
やはり水素水を購入する時は開封後も水素が逃げないような商品が好ましいですね。
ペットボトルなんかは炭酸でもわかるとおり簡単に逃げてしまうのでやめたほうがいいです。
水素水 お試し

肌断食

自分はずっと乾燥肌でした。
去年の今頃のことですが、化粧水やクリームを顔に沢山塗っても乾燥が収まらず本当に困ったのです。
インターネットで検索してみると「肌断食」というのがお肌に良いというので興味を持ちました。
私が読んだ本では一時的に化粧品を断つのではなく、ずっと化粧品を使わないようにするといった内容のものでした。
化粧品を顔に塗るとしっとりするのですが、本当の健康の肌というのは「しっとり」ではなく、「さらさら」だと言うのです。
肌の奥まで染み込ませるというフレーズを良く聞くのですが、肌バリアを壊すことになるのであまり良く無いらしいのです。
化粧品を一切顔に塗らないで三週間過ごしてみたのですが、今まで体験したことないくらい乾燥が酷かったです。
酷い場合はワセリンを塗ってもよいということだったので、たまたま自宅にあったワセリンを塗って過ごしました。
三週間後びっくりする位、肌が剥けたのです。
これがターンオーバーらしく、化粧品を塗りたくっていた時はターンオーバーが行われていなかったらしいです。
以来化粧品なしで過ごしているので経済的にも精神的にも楽な生活になりました。
おば顔

久しぶりの挑戦

久しぶりにワードプレスのインストールをしてみました。

大体のことは感覚としてわかっているのですが久しぶりにやってみると毎回のように必ず小さなミスをしていて失敗してしまいます。

本当なら継続的に続けることが望ましいのですがこれはそんなに頻繁にやることでもないので仕方のないことですね。

さて、これからこのブログをどんどん更新していきたいと思っているのですがそのまえに重要な問題が一つだけあるんですね。

その課題をクリアしなければ更新することはおろか、二度とログインすることすらなくなってしまうのでその点だけは注意したいですね。

とは言ってもこれは事前に予測ができることではなくて多少運が関係することなのでどうなるのかはわかりません。

ただそれなりに時間はかけているのでその頑張りが世界のどこかで評価されることを祈っている今日この頃。

早く暖かくなってほしいものです。